2018年11月27日 (火)

秋の耕事そろそろ終了

ここ数日冷え込んでいたが,今日は暖かい一日.

3日前に秋ジャガのアンデスを収穫.
昨年は不作だったが,今年はまあまあの出来か.

181124_2
葉が枯れていなかったのに掘ったのは,春キャベツの第2陣を植えるためで,芋を掘った後すぐに整地.

そして,今日は苗を植え付け,奥の空いた場所には残っていたカブ(スワン)の種を蒔いてみた.

春キャベツ
カブはポリでトンネルにしないとダメかもしれないが,試しに寒冷紗でトンネル.

春キャベツの植え付け場所に苦労したのは,夏蒔きカボチャがいまだに場所を取っていたため.

カボチャ
カボチャ

今年の夏の猛暑で夏に収穫したカボチャが保存中に次々と傷んだので,秋に収穫出来たのはありがたかったが,場所を取るため秋冬野菜の植え付け場所に困ってしまった.

カボチャは孫達の需要が高いので作ってみたが,場所は取るし収量は春蒔きの1/3程度.
あえて作ることはないかな?

春キャベツにかけた寒冷紗は,冬ダイコンから外したもの.

冬ダイコン
今収穫している秋ダイコンは巨大化して,今日のはなんと,約 5 kg!

秋ダイコン
寒冷紗を外したとき何本も腐っていて心配したが,生き残ったのはその後どんどん太って消費が追いつかない.
片手で持てないし冷蔵庫にも入らないと家内には不評だし,こんなに大きくてはお裾分けもできない.

腐ったのは雨が多かっただけでなく,追肥の与えすぎもあったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

里芋貯蔵

秋が進み冬前の耕事も終わりが見えてきた.

昨日は昼から用事があったので菜園には行かない予定だったが,翌日雨の予報が出たので,また土が濡れてしまう前にと,午前中急遽里芋貯蔵のために菜園に.

里芋
今年は真夏の暑さで根腐れが起き,背丈は例年の半分以下だが(後方は例年通り元気なタケノコ芋),掘ってみると秋の初めに掘ったときよりかなり芋が大きくなっている(写真忘れ).
まずは,1畝半とタケノコ芋2株を掘り取り.

そして,種芋貯蔵用の場所を確保するため,ほとんど枯れてしまった秋ジャガのデジマを掘り取って(右の2畝),

デジマ
そこに掘った穴に,来年の種芋用に10株とタケノコ芋の小芋20個ほどを埋め,ワラと不織布を被せて埋め戻し.

里芋貯蔵
残りは小芋・孫芋を外して,持ち帰り分のほかは浅い穴を掘って仮貯蔵.

一時保存
里芋の跡地は来春ジャガイモを植える予定なので,残した半畝分の里芋をそれまでに消費し,その後これを掘り出す予定.
不作だったが,これだけあれば十分だろう.

慌ただしかったが,畑に来たついでにこの秋の初収穫.

収穫
掘って,掘って,腰が痛くなったが,この収穫はうれしい.

今朝起きると雨は降っておらず天気は回復の兆し・・・慌てて掘って,痛い腰で出かけることはなかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

タマネギ晩生も植え付け

出かけていたり風邪をひいたりしてしばらく収穫ぐらいしかしていなかったが,その間だんだん冷え込むようになってきて,今朝は10℃以下.

このあたりでは霜が降りるのはまだ先だが,そろそろ秋の耕事も終了間近か.
今日は先日の早生に続いて,晩生の吊りタマネギの植え付け.

極早生と違い苗はまあまあ育ってくれた.

タマネギ苗
ただ手頃なサイズに達したのは200本ほどだったので,100本買い足して植え付け.

植え付け
後は収穫と見回り.

先日蒔いた小麦は順調に発芽し,

小麦
ソラマメや,

ソラマメ
エンドウも無事発芽.

エンドウ
治郎丸ホウレンソウも少しだが,初収穫.

ホウレンソウ
今年はアブラナ科の葉物がいつもより豊作で食べきれないが,ちょっと飽きてきたのでホウレンソウの参入はありがたい.

いただいた種から自家採種を繰り返している治郎丸ホウレンソウは,例年蒔き時によって発芽率がずいぶん違うが,今年は9月中旬以降いつ蒔いても発芽は上々(後ろは10月末蒔き).
このまま次々と育って冬の間楽しませて欲しい.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

昨日今日の耕事

今週はぐずついた天気が続くという予報に変わっていたが,また変わって昨日から秋晴れが戻った.

そんな中,昨日は小麦の種蒔き.

梅雨前に収穫して干したままになっていた小麦を下ろし,まずは穂を手でほぐして種取り.

小麦
その後,第Ⅳ区画の予定地に4畝作って,もみ殻やくずも混じったまま厚蒔き.

種蒔き
パン用の小麦の品種をもらったものだが,我が菜園ではもっぱらワラ用なので,後は様子を見ながら麦踏みや化成を追肥するだけ.

そして,今日はポットで作っていた春キャベツの苗の植え付け.
秋採りのカボチャがいまだに場所を取っていて,急遽里芋を一畝掘ってなんとか確保した畝へ.

春キャベツ
例年春キャベツは苗を10本程度購入しているが,今年は蒔いてみたら出来過ぎて,友人にあげても20本.
すらして蒔いた苗も後半月もすればたくさんできる.
春一斉にできても困るのだが・・・

そして,小生姜の掘り採り.

小生姜
先日収穫した大生姜の残りも掘り取って,ともに来年の種用に自宅でもみ殻入りの段ボールで保管.

最後はもって菊の収穫.

食用菊
隣の黄色は一度の収穫で1年分確保できたが,もって菊は育ちが悪く一度で収穫出来るほど咲いていないのが残念.

しばらくはちまちまと採らなければならないが,秋の耕事も進み,時間はある.
後は春キャベツ第2陣と晩生のタマネギの植え付けに,里芋の収穫&種芋貯蔵くらいか.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

エンドウ&タマネギ

やっと秋空が続くようになったと思ったら昨日は1日降ったり止んだり.
エンドウの種蒔きや極早生玉ネギを植える予定も延期.

今日も朝から時折雨がぱらついたが,濡れるほどではないので菜園に.
まずは,準備しておいた場所に畝を作ってスナップエンドウの種蒔き.

エンドウ
そして極早生玉ネギの植え付けだが,自家苗は見事に失敗.
背丈は購入した苗の1/4以下(手前).

苗

9月中旬に晩生と一緒に蒔いて,よく降った雨のおかげで発芽まではよかったのだが,その後,晩生(後ろ)は伸びたのに極早生はこの有様.

本来9月初旬に蒔くべき種を,育ちすぎてとう立ちすることが続いたためここ2-3年は少し遅らせて蒔いていたのだが,やはり蒔き時は守らなくてはいけない.


新玉は息子たちの家で需要が高いので,今年は200本買って植え付け.

極早生
後はトンネルに頭がつかえてきたカブのトンネルを外そうと思ったが,ポツポツとはいえネットを乾かせそうもないので,明日以降にすることに.

ニンニク

手前のニンニクは例年になくよく揃って伸びている.

今日の収穫は葉物にミニ白菜が初参加.

収穫
雨が多いためか葉物の生長が例年以上に早い気がする.

天気予報が変わって今週はまたぐずつく模様だが,病気が出ないといいけれど.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«秋の菜園10-ソラマメ&大生姜