« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

梅雨明け

昨日関東地方で梅雨が明けた.
当地は曇っていたので,梅雨明けの実感がなかったが,今日はさわやかな快晴.

夏野菜の定番オクラは青空に向かって葉を広げ,

オクラ
モロヘイヤは押し合いへし合い.

モロヘイヤ
ゴーヤは枯れたキュウリ第1陣のネットまで占領しているが,まだ実付きは今ひとつ.

ゴーヤ
真夏の陽光を浴びるこれからが本番か.

収穫物としてうれしいのは,葉ショウガ.

葉ショウガ
晩酌のお伴として,これからどんどん暑くなる夏を乗り切るための大事な一品.

真夏の日射しはショウガにとってもつらいだろうが,一緒に夏を乗り切りたい.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

キュウリ第3陣

21日の雨以来猛暑とは無縁の日が続いている.

自宅でポットに蒔いてあったキュウリが大きくなってきたので,植え付け.
このところウリハムシの姿がめっきり少なくなったが,念のためにあんどんを.

キュウリ植え付け
奥に見えるのが第2陣で今が最盛期なので,今年もうまくつながりそうだ.

すぐ後ろはナスで,例年なら葉がボロボロになり実付きも悪くなる頃だが,今年はなぜが元気に実をつけ続けている.

ナス
いつも早めに秋ナスねらいで切り戻してしまうが,剪定するのはもったいない.
茂りすぎた下枝を落としただけで,中耕して鶏ふんを追肥しておいた.

いつもならこの時期から雑草に押され始めるが,このところの涼しさで菜園の除草や空き地の整備も進み,奥のスイカも草に埋もれていない.

スイカ畑
昨日は,そのスイカ畑を探って,今年の初収穫.


小ぶりだが,丁度食べ頃で甘味も適度.

耕事の後のスイカは最高だが,もっとたっぷり汗をかいた後のほうがよりうまいのに・・・といったらバチが当たるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

戻り梅雨?

このまま梅雨が明けてしまうかと思っていたら,3日前と一昨日は雨.
そして,この3日間は猛暑に慣れ始めた体には寒く感じるほど.

それでも雨の少なかった菜園にとってはめぐみの雨で,その直前にニンジン第2陣の種まき(写真はたっぷりお湿りをもらった後の昨日).

ニンジン種まき
このあたりでは,梅雨明け前に蒔くのがベストと言われているので,ちょうどよかった.

先日乾いた畑に植え付けたセロリは,その後2日間の日照りで葉先が枯れ始めていたが,この雨でなんとか根付いてくれたようだ(7月23日).

セロリ
雨が降ると分かっていたら,植え付けを遅らせたのだが・・・お天気ばかりはままならぬ.

先月疫病がでて赤信号が点ったトマトは,病気の下枝や実を落として風通しを良くしていたら(写真は6月24日),

トマト疫病
こちらはその後の天気の良さもあり,最近は自家用+αぐらいは採れるぐらい回復している.

トマト回復
今日は晴れそうだが,関東地方はまだしばらく梅雨空が続きそうで,この後病気が再発しなければいいのだが・・・

雨で救われるもの,心配になるもの・・・ままならぬから面白いのかな.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

セロリの植え付け

今年の梅雨は時折どっと降る日があるものの,降らない日の方が多い.
ここ数日も,ちょっと前の天気予報にはあった傘マークが次々と外され,雨が降る直前に植えようと思っていたセロリを植えそびれていた.

セロリ
しかし,この調子でいくと雨が降らないまま梅雨が明けてしまう恐れもあり,植え付けることに.

まず午前中,もう一度土寄せしなければいけなかった里芋の除草をして,軽く化成を追肥して土寄せ(写真は除草前).

里芋
その隣に1m畝を作り,じょうろで水を撒いた後,黒のポリマルチ.

セロリ植え付け準備
育った里芋の陰で少しは日陰になる場所にしてみたが,さすがに午前中植えるのは控えて,午後3時過ぎに植え付け.

セロリ
昨年同様,約50本.暑さ除けにワラも敷いた.
昨年は暑さやアブラムシに負けた株も少なくなかったが,猛暑を乗りきった株は収穫までこぎつけた.ことしはどうかな?

その隣は,いつもより早蒔きしたニンジンの第1陣.

ニンジン
この後も2回蒔くつもりだが,お昼のニュースで直ぐ隣の東海地方まで梅雨が明けたと言っていた.
このまま雨が降らないままこちらまで梅雨が明けてしまうと,次の蒔き時に悩む.

お天気ばかりはどうにもならないが,悩みは尽きぬ夏の菜園.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

アワノメイガ and いてっ!

久しぶりの虫ネタは昨日のこと.

ブルーベリーが最盛期を迎え,2-3日ごとに旧菜園に足を運ぶようになったら,ポップコーンの茎が日に日に倒れていくことに気がついた.
すでに健全な穂があるのは数本で,ほとんどは途中で折れている.

ポップコーン
手が回らない旧菜園は空き地に草を生やすよりはと,鳥獣害の少ないポップコーンを蒔いて放任していたが・・・

穂が枯れた茎を見ると幼虫の食入孔.

アワノメイガ
割ってみると,やはりアワノメイガ.

アワノメイガ
羽化直前の蛹もある.

アワノメイガ
新菜園のスイートコーンは,ハクビシンに全滅させられたもののアワノメイガの被害は目立たなかった.
ここで,羽化した成虫が新菜園の第2陣に被害を及ぼさなければいいのだが.

まあ,ポップコーン自体はおまけで作っているのだから採れなくてもいいと思い直し,ブルーベリーの収穫.
今年もジャム作りが始まっているので,今日もしっかり収穫を・・と手をブッシュに突っ込んで収穫していると・・・痛てっ!痛てっ!!痛てっ!!!と右手2ヶ所と左手1ヶ所.

幸い一昨年買ったポイズンリムーバーを持参していたのですぐに毒液を吸い出せたが,アワノメイガの被害より痛い.

ポイズンリムーバー
ブルーベリーの木はブッシュ状に茂るために居心地がよいのか,毎年のようにコアシナガバチが巣作りをする.

コアシナガバチ
よく刺されるので警戒はしていたのだが,それにしても一昨日同じように収穫していて刺されなかったのに,この2日で働き蜂が増えたのか!

手近にあった棒で巣を落としておいたが,たぶんまた近くに巣を作るだろうから,しばらくは要注意.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

ネギの植え付け&ニンジンの種まき

この1週間猛暑が続き,梅雨というのに菜園の土は乾き気味.
この先もこんな陽気が続くと思っていたら,今朝は涼しく明日には雨が降るという予報.

それならばと,急遽ネギの植え付けをすることに.
3月末に蒔いた冬ネギ用の苗も十分育っている.

一本ネギ
梅雨明け頃から収穫できる同じ一本ネギ(永吉冬一本)の隣に,深溝を掘って植えつけ.

一本ネギ
敷きワラ代わりは,ハクビシンにやられたトウモロコシ.それにしてもくやしい!

昨秋播いて,今春植え替えて育てていた越津ネギもついでに植え替え.

越津ネギ
一本ネギと交雑しないようできるだけ離れた第Ⅳ区画へ,5本ずつ束ねて植え付け.

ついで,ニンジン(黒田5寸)も種まき.

ニンジン
例年とは違い,70 cmほどの畝に一条蒔き.
明日は適度な雨ならよいが,大雨で種が流されても困るし,このところの異常な天気では分散して蒔いたほうがよいという考えから,8月末までにもう2回蒔くつもり.
うまく育つかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

トウモロコシ全滅

数日前(7月3日)の朝のこと,しばらく出かける用事があり,朝採りのトウモロコシでも土産に持っていこうと菜園に寄ると,

トウモロコシ
ハクビシン!
前日収穫したときに出入り口に隙間ができたのか?そこから入ったらしい.

1607032
幸い入口近くの株が被害を受けただけだったので,入口をしっかり閉じて出かけたのだが・・
昨夕,帰宅途中に寄ると

トウモロコシ
入口も裾も異常はなかったが,角のポールが傾き,

トウモロコシ
壁と天井の隙間から入ったらしい.

トウモロコシ
もっと細かく編んでおけばよかったのだが,後の祭り.
適当な間隔でロープを通しただけだったので,潜り込める隙間を見つけたのだろう.
それにしても,一度見つけた獲物に対する執着心は見事・・・完敗.

今年は初めて時期をずらして2回目を蒔いたが,こちらはどうなるかな?

1607064第2陣

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

夏の収穫

昨日は各地で30℃を超える猛暑のニュース.
当地は28℃程度だったが,湿度が高く蒸し暑い1日.

そんな中,例年7月第1週に蒔くことにしている大豆の種まき.
防鳥ネットを張るのが面倒だったので,カラスとハト除けに不織布のべたがけ.

大豆種まき
雨の降る前に播きたかったが,しばらく出かけるので仕方無い.

隣の里芋は,除草して軽く化成を追肥してから土寄せ.

里芋土寄せ
土用までに2回やったほうがよいそうなので,もう一度土を寄せるつもり.

後は収穫で,カボチャが土産用にも間に合った.

カボチャ収穫
トウモロコシも少しだが初収穫.

トウモロコシ収穫
ニンジン第2陣(3月8日種まき)も,まだ細めだが収穫開始.

ニンジン第2陣
実は1月に冬蒔きしたニンジンは割れたり,又根になるものが続出し(写真は5月27日),6月初め頃から収穫が途絶えていた.


割れるのは成長途中で急激に水分過剰になるのが原因のようで,春になってトンネルを外した後の多雨が影響したらしい.

それがなければ1陣から2陣にうまくバトンタッチできていたはずで,蒔き時自体は間違ってなかったと思うが,天候ばかりはままにならない.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »