« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

秋野菜種まき

関東地方に向かっていた台風はそれたが,東北や北海道で大きな被害を出した.
普通ならこれからが台風シーズンというのに,このところの異常気象を見ていると,当地でもいつ大きな災害が起きてもおかしくないと思う.

先の読めないこの頃だが,今日は台風接近で控えていた秋野菜の種まきをすることに.

その前に,まずは夏の象徴スイカの撤収.
毎年の事ながら草だらけのスイカ畑の除草

スイカ撤収
草の中から出て来た最後の1個・・・甘いかな?

ついで,秋冬野菜の象徴ダイコンの種まき.

秋ダイコン種まき
年内どりの第1回目で,9月半ばにもう一度播く予定.

そして,このところ定番となったミニハクサイも半畝蒔き,ダイコン同様トンネル掛け.
残りの半畝は一月ほどずらして蒔くつもり.

ミニハクサイ&葉物
隣は,小カブ,水菜,小松菜で,トンネルは面倒なのでべたがけ.
別の場所にチンゲンサイと春菊も蒔いて,終了.

自宅に帰ってもうすぐ植え付ける予定のキャベツやブロッコリの苗を見ると,ぐったり.

育苗中
8月初めにトレイに蒔き,小苗をポットに植え替えて軒先に置いていたのだが,雨や曇りの日が続いた後,今日は急に朝から強い日射しを浴びてしおれたようだ.

あわてて冷たい水をやり,新聞紙で覆っておいた.

1608315nae
例年苗を購入していた第1陣を,今年は自分で蒔いてみたが,真夏の育苗は思ったより手がかかる.
あと1-2週間,丈夫に育って欲しい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

落花生&ダツ芋

一昨日,そろそろよいだろうと落花生を試し堀り.
葉はまだ青々としているが,充実した実もたくさんついていた.

落花生
久しぶりの茹で落花生で飲んだビールがうまかったので,畑がもう少し乾いたら掘ろうと思っていたら,その後も時折雨.
その上,行ってしまったはずの台風が戻って来るという.

濡れた土を掘りたくなかったが,この調子ではしばらく畑が乾くことはなさそうだし,もたもたしているとアカネズミに先を越される・・・ということで,3/4ほど収穫.

落花生
泥で汚れたついでに,里芋も早堀り.
こちらもまだ葉が青々としているが,よく訪問するブログで,この時期の里芋を白い茎ごと料理するダツ芋を教えてもらって以来の恒例行事.

里芋
今年は雨が多く,里芋は例年以上によく茂っているので,1株で十分.

今日の収穫
猛暑に慣れた体には肌寒いほどの今日の陽気.
今日の晩酌は,ビールにゴーヤの酢のものや冷やしトマトより,熱燗に茹で落花生とダツ芋の煮物だろうな.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ワタミヒゲナガゾウムシ

しばらく出かけている間に台風が近くを通り,キュウリを初めいくつかの野菜が傾いていた.久しぶりの耕事はその後片付けだったが,カメラを忘れたので,今日は別の話題.

出かける前日,勝手口の近くにぶら下げてあったニンニクがふかふかになり,小さな虫が湧いているのを,家内が発見.

ニンニク
今年収穫のニンニクはサビ病のためまともな大きさのものはわずかだったのに,そのわずかなニンニクが・・

ニンニク
お尻には虫が脱出した穴が開き,割ってみると中心の茎はぼろぼろ.

被害
乾燥した部分を加害し,直接ニンニクの球根は囓らないようだが,薄皮も囓るので傷が付いて腐り,ふかふかになってしまうのだろう.

中には蛹も.

1608254watami
袋の中を歩き回っていたのは,見慣れぬ甲虫.

蛹
写真を撮って害虫の専門家Kさんに送っておいたところ,ワタミヒゲナガゾウムシに似ているとの回答.

昨夜帰ってから調べてみると,確かに間違いなさそうなので,本日アップ.

この虫は世界的には綿やコーヒー豆の大害虫で,名前も”綿実”.
日本では乾燥芋や乾燥油かすを加害するほか,ハウスミカンの実のヘタ部分を食べて落果させたり,干したニンニクなども加害するという.

今日確認すると,なんとか食べられる大きさの出来の悪かったニンニクを入れた袋にも,この虫がぞろぞろ.

小粒ニンニク
今年はお裾分けできるようなニンニクはできなかったが,これでは自家用すら赤信号.

それにしても,出来の悪いのは毎年覚悟しているが,貯蔵は軒先に吊しておくだけでよいと思っていたのに・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

雨のち晴れのち雨

太平洋側に台風が三つもできて変わりやすい空模様の中,昨日は一昨日牛糞堆肥を撒いた場所に発酵鶏ふんも撒き,すき込み作業.
堆肥置き場の前に3畝分,手前に1畝分で,これでキャベツなどの第1陣の場所は確保.

ニンジン
手前の畝の右には残しておいたニンジンの種を蒔いておいた.
これは3回目で,そのまた右の梅雨明け前に蒔いた2回目が順調に育っているので,もう蒔くこともなかったのだが・・・種が余っているのでつい.

その後は収穫.

収穫
定番の実ものだが,今年はナスが順調.

ナス
例年梅雨が明ける頃にはマダラテントウにぼろぼろにされて,早々と切り詰めてしまうのだが,今年はいつまでも元気でうれしい.

一方つい先日までたくさん採れていたブルーべーリーは,急激に減少.

ブルーベリー
左は14日で,すでに最盛期の1/3ぐらいになっていたが,昨日はほんの手のひら一杯.

今日は朝雨が降ったが,その後晴れたので,ブルーベリーの防獣ネットを撤収し,下草を刈るつもりで午後から菜園に.

その前に,キュウリ第4陣の苗の植え付け.
まだ小さいが,しばらく雨がよく降りそうなのでいいだろう.

キュウリ
周りの草取りなどした後,旧菜園のブルーベリー畑に向かったら,急に黒雲が広がりあっという間に土砂降り.
あんなに晴れていたのに・・・・

帰ったら,東京や神奈川県東部では大雨洪水警報もでているとか・・・
しばらく台風の動きが気になるが,明日からしばらく出かけるのでどうしようもない.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

暑い!けれど

暑い!
関東の西のはずれのこのあたりは田舎で海も近いこともあり,ニュースで東京などの猛暑が伝えられても,それほどは暑くならないのだが・・・台風がそれた後の今日は久しぶりの猛暑.

こんな日は自宅でのんびりしていればよいのだが,たまたま牛糞堆肥を運んでもらうことにしていたので,菜園に.

牛糞堆肥
いつもの場所に落としてもらった後,はみ出した分を後ろの秋作用に準備した場所にばらまき,形を整えブルーシートをかぶせて完了.

これだけで,ばてばて.
もう少し涼しい日に,撒いた堆肥をすき込み,別の秋作予定地にも運ぶ予定.

秋作用地
例年この時期になって草と格闘するのだが,今年は珍しく春・夏作が終わった場所の整備を早め早めにやっているので,まだ時間はある.

暑いと言っても,早咲きの食用菊も咲きだし,秋は近い.

食用菊

自宅では8月初めに蒔いたキャベツ,ブロッコリ,カリフラワーも育っている(右:8月4日).

秋野菜

涼しい日を選んで,秋作準備を始めるつもり.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

セロリとイチゴ

遅い梅雨明け後,一度雨が降っただけで畑はカラカラ状態に近かったが,昨夜突然の雨.
当地でも大雨洪水警報が出ていたが,幸い畑にとっては恵みの雨程度で済んだ.

このところの猛暑で黄色の葉が目立ち始めていたセロリも一息ついた様子.

セロリ
今年は真夏の日射しを少しでも避けようと里芋の畝の裏側に植えたら,見事に里芋に近い方が青々として育ちもよい.
昨年4年目にして初めてまともなセロリが収穫できたが,今年の夏も乗り切ってくれるかな?

今年,苦節4年で初めて収穫できたのは,もう一つあり,それはイチゴ.
伸びたランナーが草に埋もれかけていたので,このお湿りを生かして苗を取ることに.

イチゴ
良さそうなのを60本ほど選んで,準備しておいた苗床に植え付け.

イチゴ苗
防獣ネットでトンネルを掛ければハクビシンに盗られないことが分かったので,今年は2畝作るつもりだが,うまく苗が育ってくれるかな?

初夏に収穫したイチゴで作ったジャムは残り1瓶.

ホームメードジャム
友人に毎年もらうキウイで作ったジャム(中央)と庭のレモンの皮で作ったマーマレード(右)も残りわずか.
今はブルーベリージャムをどんどん作って配っているが,来年はイチゴジャムも配るほど作るつもり・・・と,皮算用.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

トーモロコシ&ミニカボチャ撤収

遅い梅雨明け後は連日の暑さ.
幸い当地はニュースになるほどの猛暑ではないが,それでも日中30℃を超える中での耕事はきつい.
そんなわけで収穫中心の軽作業の日が続いていたが,そろそろ秋作用の場所の確保も必要なので,今日はトウモロコシの撤収から.

トーモロコシ不出来
今年初めて第2陣を播いてみたが,タマネギの跡地で元肥が足りなかったのか,ネットに届かない生長の悪さ.
大きい実だけを選んで収穫していたがそれも実入りが良くなかったので,撤収することに.

除草して耕した後,1畝分だけ石灰と鶏ふんを入れ,ラッキョウとワケギを半分ずつ植え付け.

ワケギ&ラッキョウ
どちらも春の晩酌のお伴のためだけに作っているので,これで十分.

ついで,隣の大豆と1本ネギの除草.

大豆&ネギ
大豆はジャガイモの跡地に石灰だけ撒いて種を蒔き,その後も追肥無しで育てているが,今年は実が入るかな?

ここまでやったら,この区画(第Ⅰ区画)すべてをきれいにしたくなり,ミニカボチャも撤収することに.

栗坊カボチャ
まだ青い葉も残り未熟果も着いているが,すでに食べきれないだけ収穫してあるので,もういいだろう.

つるを払い,熟したカボチャだけ拾って,

栗坊カボチャ
除草して,土を起こしておく.

秋作用地
水筒のお茶もなくなったので,オクラやキュウリなど取りそびれるとすぐお化けになる生り物を収穫して帰宅.

帰宅後ブログを書くため最後の写真を眺めていて,エダマメ(右)の収穫を忘れたことに気づく.
ばてて早く帰りたかったとはいえ,今宵のビールのことを忘れていたとは・・なんたる不覚!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »