« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ソラマメの種まきなど

相変わらずすっきりしない天気が続き,今朝は久しぶりに青空になったと思ったら,菜園で作業を始めたら,また雲が・・・

今日の予定はソラマメの種まき.
播くのは毎年自家採種して保存している小粒の在来種.

ソラマメ
例年より色が悪いものが多いうえ,恒例のソラマメゾウムシに穴を開けられたものばかりだが,たぶん大丈夫だろう.

なかなか晴れないため土が重たいが,元肥を入れて置いた場所に畝を作って,念のため2粒ずつ播く.

種まき
今年は9月から雨が多く,菜園の土が乾かないため秋まき野菜の発芽はよいが,土を盛って育てる一本ネギに腐るものが続出.
梅雨明け前に植え付けた冬ネギは1/3以上欠けてしまった.

冬ネギ
これ以上腐ったら困るので根深にするための土盛りを控えているが,あと2回は土を盛らないと白い茎が育たない.

春に植え,夏ネギとして収穫している同じ永吉冬一本も元気がなく例年のように太らない.
普通なら根がびっしり張るため盛り土をシャベルで崩さないと収穫できないのに,手で引くだけで簡単に抜ける.

夏ネギ
ひげ根がまばらに生えているだけでこれでは簡単に抜けるはず.
冬ネギより先に育っていたため,一旦ひげ根が腐った後も全体が腐ることなく,最近新たに根を出したように見える.

冬ネギの生長が悪く,収穫時期も遅れることは確実なので,貧弱でもこのネギにできるだけ長くがんばってもらうしかない.

一本ネギは我が菜園の優等生で,いつもあまり手間をかけなくても育ってくれていたが,今冬の鍋物に太くて充実した白ネギが入るのは期待薄か・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ここ数日の菜園

ここ数日晴れたり曇ったりの今ひとつすっきりしない天気が続くが,秋の耕事は順調に進んでいる.

日曜日にはワラができたと連絡があり,籾殻と一緒に運搬.

わら
翌日はソラマメやエンドウ用の場所を整地.
小さいながらもキャベツを初収穫.

キャベツ初物
黄色の食用菊が咲き誇ってきたのでこれも収穫.

食用菊
早咲きの菊はすでに食べたが,食用菊は秋らしくなったこの時期がよく似合う.

昨日はトンネルに頭がつかえ始めたブロッコリを解放&化成を少々追肥して土寄せ.

ブロッコリ
あとはまだ見えない頂花蕾が育つのを待つのみ.
モンシロチョウはまだ飛んでいるが,これから卵を産み付けても被害はそれほどひどくないだろう・・・たぶん.

すでに収穫を始めた秋大根1陣もトンネルから解放.

大根
皆元気そうに見えるが,初収穫のうちの1本を息子のところに届けたところ,頭の方の中身が腐っていたとのこと.

秋野菜の種を播いて以来雨が多く,このところは比較的よい天気になったものの,昨日は夕方からまた雨・・・これ以上腐らないとよいのだが.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

イチゴの植え付け

しばらく出かけていたので,昨日は久しぶりの菜園.
この間,雨は1度しか降らなかったそうだが,曇りがちで畑の土はまだ湿っている.
この後しばらく雨は降らなそうだが,土が湿っている間にイチゴの植え付けをすることに.

苗は移植が早すぎたか,雨が多かったせいか,ランナーをたくさん伸ばしている.

イチゴ苗
元肥を入れておいた場所に2畝36株の植え付け.

イチゴ植え付け
今年は防獣ネットのトンネルをかぶせてハクビシンから守れたので,昨年より一畝増やしたけれど,さてどうなるか?

ついでに,次郎丸の2回目の種まき.

ホウレンソウ種まき
1回目は今ひとつ発芽が悪かったが,今度はどうなるか?

出かけている間に,ダイコンが細いながらもなんとか収穫できるサイズに.

ダイコン初物
小松菜と水菜も初収穫.

うれしい葉物
いよいよ秋冬野菜の収穫時期を迎えたが,日射しが少ないこの天気で病気が出ないことを祈るのみ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

秋晴れ

今日は秋晴れ.
今年の秋は天候不順で,こんな快晴は久しぶり.

秋晴れ
明日からしばらく出かけるが,秋の種まきや植え付けは順調に進んでいるので,今日は休むつもりだったが,心地良い秋風に誘われて菜園に.

戻ってからでよかったのだが,せっかく来たので頼まれていた大生姜の収穫.

大生姜
これも急ぐ必要はなかったが,放置してあったスイカの跡地を除草して耕し,気持ちよい汗をかく.

小麦用地
いくら久しぶりの耕事日和といっても腰でも痛めたらまずいので,このあたりで自重.

8月下旬に播いたつるなしインゲンも,久しぶりのお日様に気持ちよさそう.

インゲン
小さな莢を着け始めたので,戻って来る頃には収穫時期を迎え,菜園の秋はもっと進んでいるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

キャベツ,ブロッコリ&カリフラワー第2陣

今日は快晴とまではいえないが,久々に青空が広がり風も心地良い.

自宅で8月下旬に蒔いて,ポットで作っていたキャベツやブロッコリ第2陣の苗が,手頃な大きさになってきたので植え付けに.

苗
右側や手前の小さいのはミニハクサイで,直播きの状態がよくないので9月の後半になって播いたもの.

準備しておいた場所に,キャベツ18株,ブロッコリ12株,カリフラワー7株.

キャベツなど
キャベツはお気に入りの「みさき」で,8月末に播けば年末から収穫できはずだが,昨年は暖冬で育ち過ぎて次々と爆ぜてしまった.
今年はどうなるかな?

ミニハクサイは例年直播きをして間引きしながら育てているが,今年は8月31日に播いた半畝で生き残ったのはわずか.
楽しみにしていた間引き菜は食べられず.

白菜
9月下旬に蒔いた2回目もまばら.

白菜
今年は長雨のためにトンネルの中にダンゴムシが多く,芽生えても食べられてしまうのかと思っていたが,どうも敵は土の中にいたようだ.

白菜無惨
しおれた株の根元を掘るとコガネムシ類の幼虫.

欠けた場所に念のために作っておいた苗の植え付け.

白菜
土を手でかき混ぜて見つけたネキリムシは処分したが,育つかな?

8月2日に種を播き,9月9日にポット苗を植えたキャベツやブロッコリーの第1陣は順調.

キャベツなど
ある程度大きな株を植え付ければコガネムシに多少囓られても大丈夫なのだろう.

トンネルが窮屈になりつつあるが,敵は地中だけでなく空からも来る.
除草して化成を追肥した後,またトンネルをかぶせて,今日の耕事終了.

いましばらく,がまんしてもらうしかない.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

夏から秋へ

今日は秋晴れの予報だったが,ほとんど曇りで時折日が射す程度.
それでも久しぶりに秋を感じる乾いた風が心地良い.

秋冬野菜の植え付けや種まきは進んでいるが,ソラマメの場所が確保できていない.
仕方がないので,まだポツポツ採れているトマトを撤収.

トマト撤収
初期に疫病が出てどうなることかと思ったが,病気の枝葉を落として風通しをよくしたらその後回復してくれた.

ネットを外し,ジャングルを片付けた後は,ナスも撤収.
隣のピーマンはまだ元気に実を着けるので,もうしばらく残すことに.

ナス撤収
我が菜園でこんなにナスがよくできたのは初めてのことだが,さすがに袋がけをしてもいじけた実しかつかなくなった.ご苦労様.

キュウリも咲いているのは雄花ばかりになったので撤収する予定だったが,まだ最後の1本が・・・もう二日待てば採れそうなので残すことに.

キュウリ
夏野菜がどんどん終わっていく中,今年は大豆が順調.

緑大豆
昨年は莢は着いたもののこの時期になっても実が太らなかった.
つるボケの可能性があったので,今年はジャガイモの後作に蒔いて肥料をまったく与えなかったのがよかったか,実が充実してきた.

緑大豆
農家から緑大豆といってもらった種から自家採種しながら育てている大豆で,品種名は分からないが在来種らしい.
緑大豆は分枝が多く機械収穫に向かないために廃れたようだが,素人が無農薬でも作れるのはうれしい.

枝豆用に少し収穫した後は,大生姜を2株試し掘り.

新生姜
夏から雨の多かった今年の天気は,里芋とともに生姜にも向いていたようだ.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

ニンニク植え付け

しばらく出かけている間も,戻った昨日も雨.
今日は久しぶりに晴れたが,蒸し暑い!

そんな中,遅れていたニンニクの植え付け.
2年連続春先にサビ病が出て出来が悪かったので,今年は最近ネギ類を作っていない旧菜園に植え付け.

ニンニク
新菜園にも残りの種球を植え付けて・・・・

ニンニク
種球の値段を知った家内に,使う分だけスーパーで買ったほうが安いんじゃない?と言われたが,それを言っちゃあおしまいよ.

ついで,年越しの冬採りダイコンの種まき.

冬ダイコン
そして,一本ネギと分けつ性の越津ネギも種まき.

ネギ
明日はまた雨が降る予報なので発芽はしてくれると思うが,その後が心配.

夏から雨が多いうえ,9月はたまにしか晴れないこの天候のためか,冬用の一本ネギに腐るものが続出.

冬ネギ
土を盛った夏ネギが高温と雨で腐ることはあるが,まだそれほど土寄せをしていない冬ネギがこの時期に腐ってしまうことは記憶にない.

さわやかな秋晴れが待ち遠しい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »