« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

耕事納め

今年の耕事はすでに終了したが,天気もよいので収穫ついでに今年最後の見回り.

このところやっと晴天が続くようになったが,天気のよい分朝晩は冷え込むようになり,菜園に置いた洗い桶には薄氷.

1612311ice
年が明けたらニンジンや大根を播くために一昨日耕した場所も,しっかり寒気に当たっていて,少しは害虫も減るかな?

1612312ninjin
作業をするつもりはなかったが,思いついたので春キャベツの畝に防鳥糸.

1612313boucho
まだヒヨドリの被害はないが,年が明けて周辺の農地の柿やミカンがなくなればやってくるに違いない.

畦のあちこちにモグラの塚ができているが,来年も地下の敵には悩まされるだろうな.

1612314mogura
さて,来年はどんな年になるやら・・・おなじみの害虫,害獣,雑草はともかく,異常気象にはならないことを祈りながら,今年の耕事納め.

それでは皆様,よいお年をお迎えください.
1612315suisen

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

雑草園

今日も快晴.
昨日よりは寒いが,力仕事をするにはちょうどよい天気ということで久々に旧菜園に.

気にはなっていたがニンニク以外に育てていないので放置していたら,冬というのに雑草天国.

雑草園
ひときわ目立つのは,新菜園ではここまで大きくなることはないオニノゲシ.

オニノゲシ
ホトケノザは花盛り.

ホトケノザ
地味ながらスズメノカタビラも花を咲かせている.

スズメノカタビラ
カキナもこぼれ種で勝手にあちこちで芽生えている・・・雑草扱いはかわいそうだが,耕地の隅の1列残して除草.

カキナ
よく降る雨のため土が重くて腰に来たが,なんとか除草と土起こし完了.

旧菜園
これで菜園らしい姿で年越しできる.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

菜花

昨日は新潟で強風による大火があったが,こちらでも雨とともに南風が吹き,強風注意報も出た.
夏と違って背の高い野菜やつるものはないが,今朝は念のために菜園の見回りに.

ブロッコリ
ブロッコリーの第2陣の一部が寝そべっていただけで,特に大きな被害はなし.

それにしても今朝の暖かさ・・いや,暑さ.
今年の冬は雨はよく降るものの平年並みの寒さだったが,一昨日から暖かくなり,今朝は朝から20度近く・・・上着無しでも汗ばむほど.

そのためか,食用菜花が早くも咲き始めてしまった.

菜花
このあたりではお正月用を中心に栽培する農家が多いが,菜の花は春に咲くものという強い思い入れのあるものにとっては,季節外れのこの食用菜花はあまり好きになれない.

たまたま我が町が菜の花で売り出し中で,年が明けると菜の花祭りも開催されるが,その一環で配布された菜花の種を家内がもらってきたことから,栽培するはめになっただけの代物.
それが種を蒔いたら予想以上に発芽して,家の花壇に植え,人に配ってもまだ余ったので,菜園の斜面に植えておいただけのもの.

菜花
あくまで観賞用で,季節外れの菜花など食べるつもりなど毛頭なかったが,どの株にもこれから咲かんとする頂蕾が・・・・.

菜花
春のような日射しを一杯浴びている.柔らかそうな葉ととも辛子和えにでもしたら,お酒がおいしいだろうな・・・ということで,信念はどこへやら,収穫.

頂蕾を積んでやった方が,脇芽がたくさん伸びて年明けには花盛りになると思う.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

冬の耕事-麦踏み

このところ穏やかな天気が続くので,あまりやることはないが菜園に.

小麦を播いた区画は冬の日当たりが悪いが,それでもなんとか芽が出そろった.
種を雀に盗られてたった2畝しか播いていないが,麦踏みをすることに.

小麦
まばらなところを踏みつけるのは心配だったが,これで根をしっかり張って茎をたくさん増やしてくれることを期待.

あとは収穫だけだが,大根の第2陣が収穫時期を迎えた.

秋大根
第1陣もまだ数本残っているが,大きすぎるので切り干し大根用にして,今日からはこちらの大根を収穫.

キャベツは第2陣が育ってきたものの12月に入っての寒さで足踏み状態.

キャベツ
第1陣が終わってから久しいので,もったいないと思ったが待ちきれず1個収穫・・・軽い.

ブロッコリも顔をのぞかせ始めたもののやはり足踏み.

ブロッコリ
第1陣の脇芽は小さいのしか採れなくなっているので,早く育って欲しいのだが・・

昨年は暖冬でブロッコリーもキャベツも第2陣が早々と終わってしまったというのに,思い通りにいかないものだ.
来年は3回に分けて播いてみようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

冬の菜園

一昨日からの寒波で,北日本では雪がかなり降ったようだが,こちらはこの冬型の気圧配置のおかげでやっと晴れの日が続くようになり,日中は暖かい.

それでもさすがに朝晩は冷え込むようになり,菜園でも日当たりの悪いところには10時過ぎても霜柱が残るようになった.

霜柱
菜園では葉物野菜が全盛期だが,出遅れた次郎丸ホウレンソウの第2陣がやっと収穫サイズになった.

ホウレンソウ
第1陣の発芽がまばらだったうえにネキリムシにもやられて収穫できなかったが,2陣以降は順調に発芽しているので,これからが楽しみ.

ずっしり重いカリフラワーも採れ始めた.

カリフラワー
ミニ白菜もネキリムシに次々と倒されて出遅れていたが,追加した苗が育ってきてやっと収穫が始まった.

ミニ白菜
キャベツとブロッコリの第2陣は,もう少しで収穫できそう.

ブロッコリ&キャベツ
キャベツはお気に入りのみさきだが,昨年は8月下旬に播いたものが暖冬と多雨で年内に次々と破裂してしまった.
一方今年は年越し用が順調だが,8月初旬に播いた第1陣が秋の長雨で破裂してしまい,1月近く間が空いてしまったのは誤算.

気むずかしい野菜もあるが,冬の間は雑草も害虫も少ない.
我が菜園もいよいよ農閑期.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

里芋の種芋貯蔵

今日も青空が広がり耕事日和.

まだ菜園の土が重いが,先日の雪で枯れてしまった里芋の種芋を貯蔵することに.

重い土を掘って貯蔵用の穴を掘り,よくできて重たい里芋の株を掘り起こす.

種芋貯蔵穴
今年は夏から土が乾くことはなく,里芋は上出来.
孫芋でもこの大きさ.

孫芋
竹の子芋(京芋)も二株掘っただけで十分.

竹の子芋
種用には里芋を親株ごと,竹の子芋は孫芋がたくさんついた小ぶりの小芋ごと,貯蔵用の穴に入れ,

種芋貯蔵
写真を撮り忘れたが,破れた不織布とワラで覆った後,土盛り.

残った芋は例年浅い穴に埋め冬中利用しているが,穴掘りと種芋掘りで腰が痛くなったので,残った株に軽く土寄せして終了.

残り株
土がもう少し乾いたら,すべて掘るつもりだが,いつ乾くことやら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

大豆

相変わらず周期的に雨が降るが,今日はほぼ快晴.

天気のよいうちに今日は大豆の収穫.

大豆干し
よく雨が降るので,11月8日に風通しをよくするために3畝のうちの中央の畝+αを抜いて干しておいたものを外し,ブルーシートの上で塩ビパイプで叩いて豆を落とす.

大豆たたき
最初は飛び散るのを恐れて大きなビニール袋の中に入れて外から叩いていたが,音がうるさいのでそのまま叩く・・・意外と飛び散らない.

ゴミも含めて小篭に半分.

収穫
自宅で量ると約2 kg.
今日刈り取って干したものも同じくらいあるはずなので(下),今年は自前の豆だけで味噌造りができそうだ.

大豆干し
大豆の栽培は失敗が多いが,久しぶりによくできたので以下に覚え書きを・・・といっても種を蒔いたら,ほとんど放任.

品種は不明.
これなら無農薬でもできるといって農家の友人からもらった緑大豆.

2016年
7月2日:種まき(友人から必ず第1週に蒔けといわれている)
・元肥をたっぷり入れて栽培したジャガイモの跡地に,畝幅1 m,45 cm間隔に3粒ずつ蒔いて,ある程度育ったら2本立ち.
・背が伸びて倒れやすくなったら支柱とひもで固定.
・追肥なし(ジャガイモに与えた肥料だけ)
・収穫は12月だが,11月に刈り取って干してもよい.

病気
・毎年10月過ぎるとうどんこ病が出るが,放置するのみ.

うどんこ病
今年は雨が多いせいか特にひどかったが,収量は悪くない.

紫斑病

紫斑病
名前のとおり表面に赤紫色の斑ができる病気で,収穫期に湿度が高いとよく出るそうで,今年はざっと1/3が模様付き.
4年前にもたくさん出たが,やはり雨が多かった.
食べても問題はないが,煮豆などにするには見栄えが悪いので,ていねいにより分けるのがちょっと面倒.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »