« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

春本番を前に

一昨日から昨日にかけて冷たい雨が降り続いた.

栃木で大雪のための悲しい事故が起きたが,当地でも北の丹沢山塊が真っ白.

丹沢
この時期には雪が降ってもすぐに融けてしまうのが普通だが,今日になっても残っているのは余程たくさん降ったのだろう.

畑ではキタアカリの芽が出始めていたので,遅霜の被害を心配していたが,なんとか無事.

キタアカリ
スナップエンドウは花を咲かせ始めていた.

スナップエンドウ
エンドウの花が早く咲くのはうれしいが,ワケギも花を着け始めてしまった.

ワケギ
今年はいつもより早くから楽しんではいたが,それでも短い春の味わい.

一本ネギよりはとう立ちが遅い越津ネギにもねぎ坊主が出てきたので,一部を切り戻して植え替え.

越津ネギ植え替え
ネギの端境期も近い.

でも,ジャガイモの芽やねぎ坊主が出るのは春が進んでいる証拠.

これから芽を伸ばしてくる山ウドの株に土盛り.

ウド土盛り
力仕事ついでに,連休前に植える夏野菜用の場所を確保.
ジャガイモの畝の下に3m分・・・いつもながらの苦土石灰,牛糞堆肥,発酵鶏ふんを入れてすき込み.

夏野菜準備
里芋用地を耕したときより体も慣れたか?思ったより早く終わる.

後は収穫.

今日の収穫
今はカキナが最盛期で,マルチ栽培の新玉も多くが収穫サイズになってきた.
春は着実に進んでいる.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

トウモロコシの種まきと・・

春の陽気が3日ほど続いているが,明日は雨の予報なのでトウモロコシ(ゴールドラッシュ)の種まき.

例年4月初旬に蒔いているが,今年はマルチを張って早めに蒔いてみた.

トウモロコシ種まき
一月後にもう1回蒔くつもりだが,播き時よりなにより成果はハクビシン次第.
昨年は数本しか収穫できなかったが,今年はどうなることやら?

後は春作準備.

採種用に残した1本ネギは,葱坊主を伸ばし,

一本ネギ
次のネギ苗(左:越津,右:永吉一本)が育ってきたので,

ネギ苗床
いつでも植え付けられるように準備.

ネギ用
越津ネギと大生姜用の場所も準備.

生姜&ネギ用
自宅ではポットにインゲンと枝豆の種まき.

インゲン
インゲンは4月に入ってから畑に直播きしていたが,今年は試しにポットに蒔いて保温用のフレームに入れてみた.

これを植え付ける頃,直播きもするつもりだが,少しは収穫期間が延びるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

ダイコン

昨日も一雨降って,畑にとっては十分なお湿り.

2月16日にトンネルの中に蒔いた春ダイコンの2陣も大きくなってきたので,間引き.

春ダイコン
その一月前に蒔いた奥の第1陣は,地上に首を伸ばしてきたので,4月に入れば収穫できるかな?

春ダイコン
今年は秋・冬ダイコンが順調で朝晩食べさせられてきたが,その冬ダイコンもそろそろとうが立つ時期.

冬ダイコン
春ダイコンにバトンタッチした後は6月までもつように,トンネルの外に3回目の種まき.

種まき
うまくいけば夏期を除いて自給できる.

次いで芽がぐんぐん伸び始めたソラマメの余分な脇芽をカットし,その左側に里芋の植え付け場所を準備.

ソラマメ&里芋予定地
苦土石灰を撒き,牛糞堆肥と発酵鶏ふんをすき込むだけの定番の作業だが,少々疲れた.
冬になまった体からの回復が年々遅くなっているような・・・仕方ないか.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

冬ネギなど種まき

一昨日から天気がぐずついていたが,お昼前に晴れ間が出てきたので菜園に.

久しぶりにお湿りがあったので,冬の一本ネギの苗を作るための種まきが目的.

冬ネギ種まき
石灰と堆肥を入れておいた場所に苗床を作り,定番の「永吉冬一本」を蒔き,もみ殻をかぶせ,不織布で覆っておいた.

ネギ苗床
明日からは晴れる日が多いとの予報なので,発芽まで乾かないようにしなくては!

晴れてはきたものの,北風が強く寒いので,後は収穫のみ.
今日の初物はワケギ.

ワケギ
まだ早いと思っていたが,よく訪問するブログでワケギのぬたを食べたと聞き,試しに収穫.
細めだが今宵の晩酌のお供に決定.

自宅でカボチャ類の種をポットに蒔いて,今日の耕事終了.

カボチャ種まき
このところ春が足踏みしているが,芽が出る頃には春本番かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

新玉ネギ

今朝は久しぶりに冷え込み,霜も降りたが,日が昇るとともに暖かくなった.

菜園では,マルチ栽培をした極早生タマネギ「春一番」が太りだした.
奥のマルチ無しの畝より明らかに生長がはやい.

春一番
暖冬の昨年はマルチをした方のほとんどがとう立ちしてしまったが,今年はきちんと冬の寒さに当たったせいか,今のところとう立ちしたものは見当たらない.

試しに大きめのものを収穫.

新玉
まだ小さいが,生で食べたらおいしそう.

所蔵していた吊りタマネギは,芽が伸びすぎたものなどを処分したので,あとわずか.

吊り玉
今年はなんとかタマネギの自給合格.

春の初物がもう一つ・・・カキナ.
畦で放任栽培しているものはまだだが,その中から秋に大きめの苗を日当たりのよい場所に植えかえておいたものの芽が伸び始めた.

カキナ
若葉と太い茎がおいしそう.

カキナ
端境期のこの時期に採れる葉物は貴重で,これから菜花になるまで採り続けることになる.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

ニンジン

予定していた用事が数日延びたので,今日はニンジン第2陣の種まき.

1月17日に第1陣を蒔いてトンネルを張ったが,もみ殻を撒いていない残りの半畝(奥)は草だらけ.

冬蒔きニンジン
除草してならした後,第1陣と同じベータリッチのペレットを一粒ずつ.

種まき
第1陣はまだ本葉3枚程度で,収穫はまだ先のこと.

ニンジン
冬採りのニンジンは2月下旬に掘り取ったのが最後なので(下),今年は周年栽培失敗.

ニンジン
次は,冬のニンジンをもっと大きく育てて長く収穫できるようにするとともに,冬蒔きの時期を12月に早めてみようと思う.

第2陣にはもみ殻をかけ,たっぷり水をやった後,トンネルをかけ直しておく.

ニンジン
こちらは初収穫の春キャベツ.

春キャベツ
昨年11月13日に苗を買って植えたものだが,自分で蒔いて作った冬キャベツが終わってしまってすでに一ヶ月は経つ.

食べきれる量で,かつ,できるだけ長期間収穫できるよう栽培計画を立てているのだが,そうは問屋が卸してくれないのも常.

まあ,そこが面白いんだけどね,と負け惜しみの春.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »