« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

台風去ってソラマメの種まき

昨日は朝から雨で,夜に入って台風が南岸を通過.
先週は北側を台風が通過したため,海からの強風による被害がでたが,今回はそれほど強い風は吹かなかった.

それでも大雨は降ったので,緩斜面にある我が菜園では何カ所か畑土が流れた.

土留めも兼ねて植えてあるワケギとラッキョウの根元が洗われ,

雨の跡
4日前に植え付けたイチゴの畝も.

イチゴも
雨でできた溝に土を入れ,畝間に流れ込んだ土も戻しておく.

土は流されたものの野菜に直接被害はなかったので,一安心.

今日の作業はソラマメの種まき.

自家種は相変わらずソラマメゾウムシに穴を空けられている.

ソラマメ
穴が空いていても毎年発芽率はほぼ100%・・・なのに毎年不安で,1カ所2粒ずつ種を蒔く.

種まき
カラス除けにワラを敷き,防鳥ネット糸を張って完了.

防鳥
ここも最下段のため,大雨が降ると種が流されるが,もう台風が来ることはないだろう・・と,思う.

10月初旬は暑い日が続いていたのに,その後一転して寒くなり,戻り秋雨とか言っていたら,台風が2度も来襲.

もうすぐ晩秋,11月.
それらしい陽気になってくれるといいけれど.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

イチゴの植え付け・大生姜の収穫

10月も終わりというのに相変わらず安定しない天候.
今日は晴れたが,週末にはまた雨が降り,台風も来るかもしれないというので,その前にイチゴの植え付け.

ランナーから苗を取り,植え替えた直後には猛暑でしおれて心配したが,秋によく降った雨のおかげかよく育ってくれた.

イチゴ苗
防獣ネットをきちんとかければハクビシンから守れることが分かったので,今年は昨年より増やして計68株を植え付け.

イチゴの植え付け
来年も孫にイチゴ狩りをさせられるかな?

今日の主な収穫物は,大生姜.

大生姜
今年は例年より背が低くて心配したが,掘り起こしてみると昨年ほどではないもののまあまあの出来か.

とりあえず1/3畝ほど収穫して,約5 kg.

大生姜
新生姜は人気が高く,期待している人も多いので,まずは一安心.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

台風の爪痕

台風が近づく中一昨日から出かけていたが,今朝自宅近くを台風が通過.
菜園の心配もあって早めに帰宅することにしたが,途中高速道路の通行止めで回り道をしたため帰宅できたのは午後2時過ぎ.
それから,支度して菜園を覗くと,

一番気になっていたトマトのテントが,やはり.

トマト
隣の秋ダイコン第2陣のトンネルも破損.

ダイコン
テントとトンネルを片付け,倒れた大玉トマトは撤収.

越津ネギは葉が折れたぐらいで済んだが,

越津ネギ
一本ネギの一部は白い茎から倒伏.

一本ネギ
分けつする越津ネギと違い,一本ネギはこのまま曲がって育っても困るので,折れないようにそっと起こしながら土寄せ.

インゲンは最盛期を迎えていたのに茎から折れたものが多く,最後の収穫をして撤収.

インゲン
順調に育っていた秋ジャガも寝そべってしまったけど,このままで大丈夫かな?

秋ジャガ
ほかにもトンネルから解放したばかりのブロッコリ第2陣が倒れたり風の被害が多かったが,雨の被害も少々.

発芽したホウレンソウや春菊の第2陣の一部が流されたり,

ほうれん草
台風のせいというよりその前から降り続いた雨の影響が大きいと思うが,今年もミニキャベツが破裂.

キャベツ
最後は風のため,横を向いてしまった黄色の食用菊を収穫して終了.

食用菊
しばらくは好天が続きそうなので,残りの後片付けはまた明日.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

秋雨の合間に

快晴の暑い日から一転して,昨日までの5日間冷たい雨が降り続いた.
おかげで菜園から足が遠のいていたが,今日は久しぶりの晴れ.
明け方はかなり冷え込んだものの,日射しとともに暖かくなってきたので菜園に.

9月5日に植えたブロッコリーがトンネルの中で窮屈そうだったので,解放(左のかまぼこ型).

解放
それ以外には特にしなければいけない作業もないので,外した不織布を広げて乾かした後は収穫.

頼まれていたダイコンとネギのほか,ミニキャベツも初収穫.

今日の収穫
不織布をかけておいた水菜も初収穫.

水菜

ほかには,左はニンジンと里芋(下になって見えない),右は春菊,インゲン,トマト,ナスにピーマン.

今日の収穫
トマトは降り続いた雨のせいで割れてしまいわずか.
ピーマンも小さくなったし,夏野菜の終焉も間近か.

今晩からまた雨が降り続くというし,台風も近づいているという.
気象がおかしいのは毎年のことだが,秋・冬野菜は順調に育って欲しい.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

キャベツなどの植え付けとモンシロチョウ

今日も晴天,そして今日は一段と暑い.
しかし,今晩から雨が降り出すとともに,明日からは一転して寒くなるという.
そして,雨は秋雨前線の復活(?)によるものらしく,しばらく続くらしい.

ということで,自宅で育てていたキャベツ・カリフラワー・ブロッコリの第3陣を植え付けることに(右のトンネルが第2陣,そのまた右がネットを外した1陣).

植え付け
このところの暑さのためか,モンシロチョウがたくさん飛び回り,準備中の苗にもやってきて,

産卵
卵を産み付けていく.

卵
自宅でも産み付けられているので,卵を落としながら植え付けるのだが,植え付けた後から産み付けられてはたまらない.

仕方ないので寒冷紗を先にかぶせ,頭を突っ込んでの作業・・・

植え付け
最近慢性の腰だけでなく,古傷のある膝も痛いのでつらい!

なんとか植え付けたけど,見逃した卵からトンネルの中で羽化するチョウがいるかもしれない.

後は,月末から来月にかけて種まきや植え付けが始まる,ソラマメとタマネギの畝の準備.
まずは,タマネギ.

タマネギ用地
そして,ソラマメ.

ソラマメ用地
苦土石灰,牛糞堆肥,鶏ふんをすき込むだけだったが,久しぶりに汗びっしょり.

今日の初物は春菊の間引き菜.

春菊
このところ葉物はダイコン葉ばかりだったので,ちょっとうれしい.

隣の完全防備の水菜第1陣もずいぶん大きくなってきたので,次来たときには間引きしてみるつもり.

1710128mizuna
それにしても暑い.
これで急に寒くなったら,体がついていけるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

秋本番

ここ3日ほど晴天が続き日中は暑いほど.

それでも菜園の秋は進み,収穫も夏野菜から秋の野菜に変わりつつある.
ダイコンも小さいながら初収穫.

1710114daikon
サンマの季節に間に合ったが,肝心のサンマが高いようでなかなか食卓に上らないのが残念.

ダイコンの下のカブは,秋野菜のトップを切って小松菜とともに蒔いたものだが,ダイコンサルハムシが大発生してボロボロにされたことはすでに書いた.

葉が重要な小松菜は,ましなものだけ収穫して早々に処分したが,カブは大きくなるのを待っていたら,この状態.

カブ悲惨
これ以上害虫を育てても仕方ないので,収穫サイズに達したものだけ収穫し,葉は表土と一緒に埋立処分.

処分
小さくてどんどん増えるこの虫とまともに勝負しても勝ち目はないので,発生源を減らす作戦.

水菜の2回目の種まきには不織布のべた掛け.

水菜の種まき
例年,追肥や間引き作業をやりやすいように,ネットの裾はピンやポールで押さえる程度だったが,今年は周囲をしっかり土でガード.

今のところ厳重にネットを張った苗は無事なので,このまま収穫まで育って欲しい.

日射しはきつくて暑いけれど,夏中飛んでいたウスバキトンボに変わって,最近はアキアカネの姿をよく見るようになった.

アキアカネ
駐車スペースのコスモスも花盛り.

コスモス
秋ですね~.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

秋の菜園6

今年の秋は残暑もなくどんどん涼しくなり,昨日は日中でも寒いほど.

そんな気候のせいか,9月27日に蒔いた治郎丸ホウレンソウが順調に発芽.

治郎丸
早く蒔きすぎると発芽率が悪くろくに採れないのだが,これなら大丈夫ということで,空いた場所にまた種まき(左のマルチは2日前に植えたニンニク)..

種まき
長年うまく作れなかったホウレンソウも,この治郎丸をいただいて以来,時期さえうまくあえば育ってくれるようになった.
春にたくさん種を取ってあるので,これから空いた場所に次々と蒔いていくつもり.

そして,夜には雨が降る予定なので一本ネギと越津ネギも種まき.

ネギ苗床
猫にいたずらされたトンネルの中ではブロッコリの頭がつかえてきたので,ネットを外す.

ブロッコリ
まだブロッコリの蕾はみえないが,ミニキャベツはもう1週間もすれば収穫できそう.

キャベツ
昨年は次々と破裂してしまったが,この涼しさなら大丈夫かな?

ニンジンも細いながらも収穫が始まり,

ニンジン
インゲンも採れ始めた.

インゲン
まだ,ミニトマトやナスなどの夏野菜の残りをちまちま採ってはいるが,いよいよ秋冬野菜が主役になる季節.

今朝は明け方まで予報通りの雨.
菜園の秋は一段と進んでいることだろう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

アブラナ科の種まき

今日は年越しの冬ダイコンや小松菜などの葉物野菜の2~3回目の種まき.

昨日ダイコンサルハムシの被害について書いたが,被害にあったのは畑の端で,成長に伴い不織布を緩めた際に裾が浮いてしまっていた.

2回目に蒔いたカブは今のところ周囲を土でしっかり押さえているので,今のところ無事.

小カブ
臭いをかぎつけるのか,ネットの表面にはやってきているのだが,残念ながら入れない.

ダイコンハムシ
大発生した小カブ近くの白菜の畝も,トンネルの中で無事・・・なぜかヨトウムシは入り込んでところどころ食べているのだが・・

白菜
もう1~2週間もすれば収穫できそうな秋ダイコンは,ネットが破損した場所でも被害はなし.

秋ダイコン
ダイコンサルハムシは柔らかい葉が好きなので,大きくなってしまえば被害を受けにくいのだろう.

そこで,今日の種まき(小松菜2回目,小カブ3回目,チンゲンサイ2回目)は,いつも以上にていねいに裾を押さえておいた.

1710013tanemaki
冬ダイコンもきちんと寒冷紗のトンネル(右).

冬ダイコン種まき
え!いつもの不織布じゃないの?って・・

実は右から3列目のトンネルが,数日前にまた猫に!

猫害
近所の人の話では,自分の家の畑でも猫がモグラを追いかけて飛び乗ったという.

モグラかネズミか大きなバッタかは分からないが,追いかけて遊ぶことは十分あり得る話.
今は寝たきり状態の我が家の老猫も,昔はよくいたずらをしたものだ.

かさばるので夏場の保管場所に困るが,仕方ない.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »