« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月26日 (火)

冬の耕事

暖かい日が数日続いたが,今晩からまた冷え込むとの予報なので,心地よく作業ができるうちにと菜園に.


ソラマメは暖冬だった昨年より生長が遅いが,これが本来の大きさか.

ソラマメ

虫喰いの種なので2粒ずつ蒔いたが,ほとんどが2本とも育っている・・・1本を根元から切りながら,アブラムシをチェックしたが見当たらない.
今年の冬は寒そうだし,この調子ならアブラムシ退治なしで春を迎えられるかな?

ついで,イチゴの赤葉取り.

イチゴ

イチゴ

この寒さでも雑草が目立ち始めたので,ついでに除草.

しゃがむ作業の後は,腰を伸ばして空いた場所の土起こし.

土起こし

来年のジャガイモ予定地の土を起こし終わると,どこで見ていたのかさっそくハクセキレイが飛来.

ハクセキレイ

小さくて見えないが,虫でもいるのだろう.あちこちで何かをついばみ始めた.

食事のじゃまをしては悪いので,別の区画のキャベツや白菜を収穫した跡地を耕すと,こちらは老眼でも見えるものがゴロゴロと,

ヨトウガ蛹

今年はヨトウムシが例年以上に発生したが,ちょっと耕しただけでこんなに出てくるとは!

土起こし

次のブロッコリが育たずこの畝のブロッコリの脇芽をチマチマ収穫しているので,しばらく全面を耕すことはできないが,早めに土を起こして,寒気と鳥に虫退治をしてもらったほうがよさそうだ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

冬の菜園

昨日からちょっと暖かさが戻り,菜園では紅葉のブルーベリーの前で水仙が咲き出した.

水仙

一見のどかな菜園だが,今年は寒さが早くやってきてしまい,そのうえ12月になって雨がほとんど降らないため,生長の悪い野菜が多い.


ブロッコリ-・カリフラワー・キャベツは,7月下旬から8月末にかけて3回に分けて種を蒔いた(左から,3,2,1陣).

ブロッコリなど

しかし,秋によく降った雨で第2陣が第1陣に追いついてしまったうえ,キャベツは次々と破裂.
今はブロッコリの脇芽をチマチマと採っているだけで,第3陣はしばらくお預け.

小カブはダイコンサルハムシとヨトウムシに壊滅させられた第1陣と2陣の後,やっと第3陣が12月に入って収穫できるようになったものの,生長が遅い.

カブ

一番影響が大きいのは葉っぱもの.

水菜&小松菜

水菜は大きくなる前に葉先が黄色くなってきたし,小松菜はお正月にとても間に合いそうにない.
ホウレンソウもこの状態.

ほうれん草

年明けにはなんとか収穫できそうだが,このすぐ後に蒔いた種は発芽率が悪く続いてくれない.

ほうれん草

今冬の葉物は失敗だな.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

ニンジン&大豆

数日前から霜が降りるようになったと思ったら,昨朝と今朝は氷も張った.

それでも日が昇れば日中はまだ暖かいので,菜園に.

今日の作業はニンジンの種まき.
一昨年からニンジンの周年栽培を目指し冬にも種を蒔くようになったが,1月蒔きでは春に収穫が途絶えてしまうので,今回は1ヶ月前倒し.

ニンジン種まき

ベータリッチのペレットを3-4cm間隔で半畝2条に種まき.

もみ殻をかぶせ,水をやった後,トンネル掛け.

冬蒔きニンジン

予想より早く寒くなってしまったので,1ヶ月の早蒔きぐらいで昨年よりどの程度早く収穫を開始できるかな?

ついで,干し場に残っていた緑大豆から豆の取り出し.

緑大豆

この前に干してあった大豆は,すでに先月末取り出し済み(写真は11月27日).

大豆干し

豆たたき

今回の豆も自宅でふるいにかけた後,粗選別(左は不合格).

選別

今年の秋は雨が多かったので昨年多発した紫斑病を心配したが,今年はほとんどなし.代わりに茶豆のように全体が褐色の豆が多い・・・なんだろ?
味噌の材料に使う分には問題ないと思うが,今年の収量は十分あるので不合格に.

前回収穫した分と合わせて,味噌用2.7kg(上),煮豆用0.5kg,来年の種用220gを確保.

今年の大豆

重さは昨年とほぼ同じだが,昨年は味噌用には紫斑病や虫喰い豆も混ぜてなんとか量を確保したので,今年の勝ち!

昨年の豆で作った味噌は,そろそろ食べ頃で,まず麦+米麹の方から口開け.

手前味噌

年末には米麹味噌も開けるので,空いた容器で今年の豆の味噌造り.

自家大豆による手前味噌造りが軌道に乗ってきたぞ.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

このところの耕事

今朝はこの冬一番の冷え込み.

菜園には今年初めての霜も降り,奥の区画の日当たりの悪い場所では昼近くまで霜柱が.
霜柱と小麦
冷え込む予報は数日前から出ていたので,生長が遅れていた晩生のタマネギを一番日当たりのよい場所に植えておいたが,こちらは土がそれほど湿っていなかったためか,霜柱が立った形跡はなし.
タマネギi
根ごと持ち上げられなければ根付いてくれると思うが,例年よりかなり小さい苗なのでどこまで大きくなってくれるものやら?
霜が降りる前から枯れ始めていた秋ジャガも,3日前に収穫.
秋ジャガ
とっくに枯れて収穫してしまったデジマよりは採れるのではないかと期待していたが,掘ってみたらアンデス(右)6 kg弱,名無しの赤ジャガ(左)8kg弱.
それも小粒が多い.
秋ジャガ
種芋はともに1 kgなので,この収量は寂しい.
自宅ではまだ春作の男爵やキタアカリを食べているが,この後,この秋ジャガで来年までつなげるかな?
このところいろいろ用事があって菜園の作業は収穫がてら少しやるだけだったが,霜も降りたし,もうそれほどする仕事もない.
当地もいよいよ冬本番.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »