« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月20日 (火)

旧菜園

今日も日中は春めいた日射しの耕事日和の中,久しぶりに旧菜園に.

例年なら年明けには雑草園と化しているのだが,今年はやっとホトケノザが花を咲かせ始めたところ.

旧菜園

それでもこれから春が進めばあっという間に草に覆われてしまうので,除草して土を起こしておく.

除草のち整地
ここで栽培するカボチャ用に小麦を3畝作っているのだが,麦踏みを暮れに1回やっただけなので,育ちが悪い.

ついでにブルーベリーの剪定.

ブルーベリー
右のブッシュ状のブルーベリー(どうやらラビットアイ系らしい)はどんどんサッカーを伸ばすので新菜園にも数株移植済みだが,左の太い1本(どうやらハイブッシュ系)は伸ばさず移植ができない.
そこで,剪定がてら元気な枝を2本ほど持ち帰り.

枝取り
自宅でピートモスに挿し木してみたが,2,3本でいいので根付いてくれないかな?

挿し木
ブルーベリーは同じ系統で別の品種を2種類植えないと実着きが悪いと言われるが,我が菜園ではどちらも1本ずつなのによく実をつけてくれる.
大粒のこのブルーベリーが新菜園にも来てくれるといいのだが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

春の耕事開始

まだ朝晩の寒さはきついものの,昼間日が射すと春の陽気を感じる日が多くなってきた.

今年の冬は寒かったが,3月になれば予定通りジャガイモの植え付けをするつもりなので,一昨日はその準備.
発酵鶏ふんを撒いた後牛糞堆肥を運んだが,運ぶルートは耕したばかりの空き地だったので,ふかふかの土の上を一輪車を押すのに一苦労.
ジャガイモ準備
下ろした堆肥を広げて,後はひたすらすき込み作業.


昨日は出かける用事があったので,その前にミニカボチャ「栗坊」の種をポットに蒔いたのみ.

ミニカボチャ

収穫時期を早めるため例年より2週間ほど早く蒔いたけれど,大丈夫かな?

そして,今冬の寒さにも負けず芽を伸ばし始めたスナップエンドウにネット張り.

スナップエンドウ
今年初めて作っている早生の菜花も芽を持ち上げてきた.

菜花・早生
いただいた種を蒔いたものだが,ばらまいて混み合ったところを少し間引いただけのほう(上)が,苗を植え替えたほう(下)より育ちがいい.

菜花
植え替え後から寒さが始まったので,空いた苗間より混み合っていたほうが寒さをしのぎやすかったか?(左奥は密植栽培のカキナでずいぶん緑が違う)

まだ中の方に小さなつぼみが見え始めたところだが,初収穫.

うれしい初物

この冬は葉物の育ちが悪く,ホウレンソウを細々と収穫しているぐらいなので,久しぶりに瑞々しい青葉が食べられる.
でも,ちょっと早すぎたかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

寒起こし

このところたまに暖かい日があると思えば,また寒い日が続くことの繰り返し.

この寒さと冬野菜の出来の悪さのためつい菜園から足が遠ざかっているが,そろそろジャガイモなど春作の準備を始めなければいけないので,なまった体を慣らすことも兼ねて秋冬野菜の跡地の寒起こし.

まずは1週間前.
ジャガイモ予定地の第Ⅲ区画から,収穫せず畝に残していた里芋を掘ってしまい,

第Ⅰ区画

ひたすら土起こし.

1802052iii

8日には,第Ⅱ区画の大豆の跡地.
大きくならないまま春を迎えそうな小松菜と小さなサイズで収穫してきたカブを撤収し,

悲しい冬野菜

ひたすら土起こし.

第Ⅱ区画
そして今日は,第Ⅰ区画.
巻かなかった白菜と小さいまま凍ててしまったカリフラワーを撤収し,

180213i
ひたすら土起こし.

1802132i

その間,土を起こせば必ずやってくる常連のハクセキレイのほか,モズとイソヒヨドリ(?)も参加.

モズ

イソヒヨドリ?

立春過ぎてからの寒起こしでは遅すぎるかもしれないけど,今後も続きそうな寒さに当たって少しは害虫が減ってくれるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

冬の菜園

今日は少し寒さが緩んだが,このところ厳しい寒さが続いていた.


寒いし収穫物も少ないので,菜園に顔を出す頻度も落ちていたが,数日前にはタマネギに追肥がてら,マルチをしていない畝に牛糞堆肥でマルチング.

タマネギ

昨年タマネギの苗作りに失敗したうえ購入苗も小さかったので,植え付け時期の遅かった晩生は霜柱で持ち上がってしまうものが続出.
これで少しはまともに育ってくれるかな??

そして,今日はイチゴに追肥をした後マルチング.

イチゴ
タマネギの畝もそうだったが,イチゴの畝も今年は雑草が少なく,除草作業は楽.

イチゴ

でも,雑草すら育ちが悪い今年の寒さは冬野菜にとっては一段と厳しいようで,暮れから正月に収穫する予定だったブロッコリーやキャベツの第3陣はいまだにこのサイズ.

ブロッコリー
それでも日が延びたのを感じているのか,小さな頂蕾を持ち上げてきてしまった.

ブロッコリー

このまま待っても花を咲かせてしまうだけなので,収穫開始.

キャベツはもともとミニなのが,今年はマイクロサイズ.

キャベツ

これも中で花芽ができてくれば破裂してしまうので,一口サイズで泣く泣く収穫.

明日からまたしばらく冷え込みがきつくなるようだが,生長が止まった野菜も春の訪れを感じ始めているのは確か.

さびしい冬の菜園には見切りをつけて,そろそろ春の菜園に向けて準備開始しようかな.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »