2017年8月18日 (金)

夏野菜

今日も曇天.
わずかに青空が覗くが,関東地方の8月の日照時間は平年の52%とか.

空模様
この陽気でトマトが割れるようになったことはすでに書いたが,その後も割れる実が続出.

空梅雨で高温の日が続いた頃はいつになくトマトが絶好調で,特にミディ(レッドオーレ)の甘さには,家内も”今年は本当のフルーツトマト”と絶賛してくれていたのだが・・・

トマト
例年あまり採れない大玉ががんばっているのでまだしばらく大丈夫と思うが,株も弱ってきているので終わりが近いかもしれない.

トマト
キュウリは第4陣(夏キュウリさつきみどりの3回目)のあんどんを外し,ネットに誘引.

キュウリ
収穫が秋になってしまう4陣は,例年ほとんど収穫に至らないので今年は早めに蒔いたのだが・・・

その前に蒔いた左手の第3陣は雄花ばかり.

キュウリ
この品種は毎年真夏によく実をつけてくれるのだが・・天気のせいかな?

最初に蒔いた第2陣(夏キュウリの1陣)は,まだ雌花をつけているのでしばらくは大丈夫と思うが,

キュウリ
これもそれほど長くは続かないだろうから,せめて第3陣には実を着けて欲しい.

ナスは苗を買った秋なすが実を着け始めた.
今年はマダラテントウの発生がいまだに少なく,自家用には袋がけ不要だが,お裾分け用にはやはり袋がけ.

秋なす
こちらが採れ始めたので,今まで収穫してきたナスは枝を詰めて追肥(写真忘れ).

その隣のピーマンは空梅雨の間,葉の色が黄ばみ小さな実しか採れなかったが,8月になってやっと大きな実を着け始めた・・・しかし,なぜか堅い

ピーマン
品種のせいではないと思うが,雨が降ればよいというものではないらしい.

関東の空はいましばらくこんな天気が続くらしいが,プロの農家は心配だろうな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

秋作に向けて

今日も梅雨空で,昨日からは秋の涼しさ.
東京では8月になって毎日雨が降っているとニュースで流れていたが,当地も同様.
こんな天気でも季節は進むので,秋作に向けて恒例の牛糞堆肥を購入.

牛糞堆肥
シートに収まりきらない分を一輪車に積んで,隣の秋作用地に.

秋作用地
ここはキャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜を植える予定.

同様に秋ジャガ用地にも運んだ後,苦土石灰,発酵鶏ふんを入れてすき込み作業.

秋作用地
例年の猛暑なら,堆肥を運ぶだけでばててしまうこともあるが,無事両方の区画の秋作準備完了.

ついでに,つるなしインゲンの種まきもする余裕.

インゲン
春と初夏に蒔いた種の余りだが,毎年秋のインゲンが楽しめる.

最後に,定番のトマトやキュウリなどを収穫した後,小生姜も収穫.

小生姜
こんな天気が続くのは異常だが,小生姜にとっては快適なんだろうな.
このところ急に元気に茂ってきた.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

相変わらずの空模様

しばらく出かけている間も天気はぐずついたまま.

今日は昨夜から降り始めた雨が明け方止んだので,昼から菜園に.

梅雨空
7月末からの戻り梅雨に合わせて蒔いたニンジンの2回目は,何の苦労もなく発芽.

ニンジン芽生え
こんな天気のおかげだが,雨を喜んでいるのはニンジンだけではない.

除草後整地してから10日ほどしか経っていないはずだが・・・・

草!
ここで目立つのはカヤツリグサ.
大きく育ったカヤツリグサを抜くのは簡単だが,今頃芽を出すのは小さいまま種を着けるので始末が悪い.

枝豆の第3陣は梅雨明け前から大きくなっていたのだが,

枝豆
実を着け始めた頃に雨が降らず,その後雨が降るようになっても実は太らないまま.

枝豆
残念ながら,撤収.

最後に,キュウリ第4陣4株を植え付けて,

キュウリ植え付け
保存しておいたワケギとラッキョウも植え付け.

ワケギ&ラッキョウ
この天気.
日射しがないので暑くはないが,開けた場所でも蚊がたかってくるのには参る.

いつまで続くのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

このところの夏野菜

戻り梅雨が続き,大雨は一度だけだったが,その後もぐずついた天気が続く.

こんな陽気のせいか,絶好調だったトマトが割れるようになった.

トマト
今年は空梅雨のおかげか,大玉トマトもよく採れ,ミディやミニは甘みが強いが,株もそろそろ弱ってくるこの時期に雨が多いとこの後どうなるのかな?

ズッキーニの第2陣はうどんこ病のようで,

ズッキーニ
雌花が開かずしぼむので,実が大きくならない.

ズッキーニ
毎年第2陣はまともに採れないので,これは空梅雨や戻り梅雨のせいではなく,当地では真夏に収穫するのが難しいのかもしれない?・・・撤収.

栗坊カボチャはまだまだ元気で実を着けているが,

カボチャ
ツルが伸びた先にできる実は敷きわらからはみ出し,座布団も敷いていないので,ダンゴムシなどにかじられたものが目立つ.

ミニカボチャ
ここは秋ジャガの予定地なので,この際撤収.

ミニカボチャ
お裾分けできそうな実がこれだけあれば十分かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

このところの菜園

この数日梅雨前線が南下して,一昨日の夜から昨日の朝までシトシトと雨が降り続いた.
テレビでは戻り梅雨と言っているが,梅雨がなかったも同然の当地では,遅ればせながら恵みの雨.
明日も予報では傘マークが付いていたので,今日は急遽ニンジン第2陣の種まき.

ニンジン種まき
1回目は2週間前に蒔いたところだが,1畝しか蒔かなかったので丁度よかった.
例年は梅雨明け前と8月後半に分けて蒔いているが,こんな陽気では安全のため8月も雨の様子をみて小分けして蒔いた方がいいかもしれない.

こんな雨の少ない年でも,日当たりの悪い斜面に生えるミョウガは元気.

ミョウガ
いつの間にか花が咲き始めていたので,あわてて収穫.

ミョウガ
カラカラの菜園の中で元気なのは大豆.

緑大豆
ところどころにマメコガネらしき食痕があるが,生長に影響するほどの被害はなく,マメコガネ自体も大豆よりモロヘイヤでよく見かける.

マメコガネ
大豆よりおいしいのかな?

葉の下を覗くとマルカメムシが茎についているのは例年どおりだが,この程度のまま大発生しなければ大丈夫のはず.

マルカメムシ
毎年のように異常な気象が続くと,野菜の育ちも害虫の発生も読めないけれど,このまま元気に育って欲しい.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

夏の耕事

梅雨明け後も真夏の天気が続く・・・というより,梅雨明け前から真夏の天気で少々うんざり.

そんな中,トウモロコシ第2陣の撤収(21日).

トウモロコシ撤収
早蒔きした第1陣に比べ収量は約1/3で虫喰いも多かったが,今年ほどトウモロコシを堪能したことは初めてのこと・・・満足!

キュウリ第1陣は残りの株も枯れて生き残りは1本.

へぼキュウリ
これも元気なくへぼキュウリしか採れなくなったので撤収(21日).
でも奥の第2陣が採れだし,なんとかつながった.

その手前のニンジンは,種まき直後に雨が降ってくれたものの,その後の日照りで2日目から水やり.
空梅雨で天水桶が空っぽのため自宅から水を運んだが,その苦労が報われ今日発芽確認.

ニンジン発芽
根はもっと伸びているはずなので,今日で水やり終了・・・後は自力で育っておくれ.

そしてポットで育てていたキュウリ第3陣5株の植え付け.

キュウリ3陣
第2陣の種まきに失敗して3株しかないため,早めに育てたもの.

隣の小生姜は空梅雨で育ちが悪いが,初収穫.

小生姜
種生姜と同じ大きさにしかなっていないのは悲しいが,今宵の晩酌が楽しみ.

自宅に戻って,キャベツ,カリフラワー,ブロッコリの種まきついでに,キュウリの残った種もポットに.

種まき
例年8月に第4陣を蒔くが,ほとんど収穫に至らない.
五月みどりに秋まで活躍させるのは無理なようだが,8月中なら生るかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

ニンジンの種まき・・・雨は?

当地は梅雨というのに雨に見放されたまま.

それでも,朝の天気予報では,今日の午後は関東地方南部でも局地的に雷雨があると,久しぶりの傘マーク.

天気予報
降水確率は60%.
「局地的に」という予報が気になるが,明日にも梅雨が明ける可能性があるというので最後のチャンス.

梅雨明け前に蒔けば失敗がないと教えられているニンジン(黒田5寸)を,とりあえず一畝だけ蒔くことに.
予定地に畝を立てたが,土はカラカラ.

ニンジン用
梅雨というのに水は天水桶の一つに半分ほどあるだけ.

天水
種を蒔き,もみ殻をかぶせ,たっぷりと水やり.

種まき
これで雨が降らなければ,明日から芽が出るまで毎日水を運ぶはめになるが・・・

見上げる空は,朝曇っていたのに青さを増し・・・・

空
ダメかな・・と,半分あきらめ気分で収穫をして,帰宅.

そして,遠くで雷鳴が聞こえ始めた午後,下の息子の家に野菜を届けるため都合を聞くと,今土砂降りなので止んでからにした方がいいのでは?・・・と.

土砂降り?自宅から10 kmも離れていないというのに??

雨雲レーダーを確認すると,菜園(+)と自宅(○)を結ぶ道を避けるように両サイドを北西から南東に雷雲が通過中.息子の家は東側の赤い雲の縁.

雨雲それる
被害がでなくて幸いと思わねばいけないのだが,ちょっと惜しい.
しばらく待って雷雲が通り過ぎた後で宅配.

そして,その帰り道・・・自宅近くで雨粒がフロントグラスに当たり出す.
レーダーを見てやきもきするより,ちょっと遠回りして直接確認.

恵みの雨
降ってました!
時間としては30分ほどと思うが,じょうろで気休め程度にやる水と比べたら,まさに恵みの雨.

ほっと,一息.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

雨遠し

今日は東北北部から北海道にかけて大雨が降っているというが,当地は今日も快晴&猛暑.

3日前わずかに降った雨は,生き残った一本ネギを立ち上がらせる程度のお湿りにはなったが,

ネギ生き残り
ニンジンの種まき予定地を潤すほどには降らなかった.

ニンジン用地
梅雨時にこんなに雨に見放される年は記憶にないが,こんな気候の中で順調なのがトマト.

トマト
雨が降らない上に屋根までつけているので,例年より株自体の茂り方は小さいが,苦手の大玉も今年は次々と実を着けてくれる.

へた付近が茶色くなることも,割れることもない.

トマト
同じナス科でもナスは水が欲しいと思うが,それでも今年はマダラテントウが少ないため,例年よりはよく採れている.

ナス
お裾分け用には袋をかけているが,自家用には多少かじられてもいいので不要.
おかげで手間がかからず,例年なら早々と秋なす用に切り詰めるところ,今年は当分収穫するつもり.

代わりに苗屋で買った秋なすの苗を植えたけれど,カラカラの菜園で育ってくれるかな?

秋なす
こんな陽気では2時間作業するのが限界で,水筒のお茶がなくなる前に収穫.
今日の初物はスイカ.

ぶたの尻尾が茶色くなってきたので,もういいかと思い,

スイカ
持ち帰って切ったら,ちょっと早かったか.

スイカ
それでも,冷やして食べたら・・・十分甘い.
いつも以上においしく感じるのは,連日の猛暑のおかげもあると思うが・・・

今年のスイカは大きいが(今回8.7 kg),今日見た限りでは数が少ない.
貴重なスイカを無駄にしないよう,次回は食べ頃をよく見極めて収穫しよう・・・できるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

梅雨はどこへ?・・2

昨日は関東北部で短時間に記録的な雨が降りニュースになっていたが,南部の当地は真夏の青空のまま.

昨日の空
今年はもともと空梅雨のところを,5日未明に一雨降って以来まったく雨が降らない.

南部でも今日の朝だけ降雨確率がやや高かったが,起きてみれば期待外れ.
北の山沿いは雲が厚いので降っている可能性もあるのだが,菜園では時折日が射していた.

今朝の空
数日前に植え付けた一本ネギには消えるものが.

ネギ無残
ネギは強いので,今まで出来の悪い苗でも枯れることはなかったけれど,細身の体には植え付け直後のこの暑さと乾燥は耐えられなかったようだ.

幸い,昨日ニンジンの種を買いに行ったとき売れ残ったネギ苗があったので,100本購入.
葉先は枯れているが,自家苗よりずっと太っているので,過酷な環境でも耐えてくれるだろう・・・と,思う.

ネギ植え付け
それにしても,ネギは苗も種も自給してきたのに,まさかこんなことになるとは!

こんな天気でも元気なのはブルーベリー.
旧菜園から数年前にサッカーを移植した株の実も熟し始めた.

ブルーベリー1707134blueberry
真夏のような天気が続くためか,ゴーヤが例年よりはやく食べ頃に.

ゴーヤ
一雨降れば蒔こうと思っていたニンジンはあきらめて,ほかの生り物を収穫して帰宅.

このまま梅雨が明けてしまったらどうしようと思いながら昼食を摂っていると,急に外が暗くなり雨の音.

お湿り
この後も夕方まで時折ぱらついたので,1 mmは超えたと思うが?

とはいえ,この程度ではネギにはよいお湿りになったとしても,ニンジンが蒔けるほどには土は湿っていないような・・・明日また,菜園に.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

真夏

今日も真夏の陽気.
連日猛暑と熱中症のニュースが流れる.

それでも菜園の雑草たちは伸び放題で,草刈り.
前回が6月19日なので,雨が降らないというのに一月もたない.

草刈り
こちらは駐車スペース.

草刈り
昨年車を買い換えてから,接近警告装置が草むらに反応してピーピーうるさいし,衝突防止装置をOFFにするのを忘れて突っ込むと勝手にブレーキをかける.
これでしばらくおとなしくしてくれるだろう.

後は熱中症で倒れる前に収穫.

収穫
今年は雨が少ないためか,トマトがきれい.
トウモロコシ2陣は,早まきの1陣と違いアワノメイガにやられた株が目立つが,きれいな実もある.

草刈り機を戻しに行ったついでに,旧菜園でブルーベリー摘み.
この陽気のせいか,小粒の品種も収穫時期を迎えていた.

ブルーベリー
先に実を着ける大粒品種は生食用で,こちらは主にジャムにしているが,最初のうちは大粒に引けを取らない大きさの実を着けるので,今回は生食用に・・・採れ初めとしては上出来の700 g.

ブルーベリー
息子の嫁が,大粒を冷凍にして一粒ずつ食べるのが好きといっていたので,しばらくは採ってあげるつもり.

ジャム用と違い未熟果が混じらないように採るのは時間がかかるんだけどね.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧