2016年4月18日 (月)

初夏

昨日は強風と時折叩きつけるような雨が続いた.
各地で被害が出ていたので菜園の野菜が心配だったが,ソラマメが何本か倒され,エンドウのつるが少し折れた程度で一安心.

ソラマメ
今日の耕事は越津ネギの植え付けとカボチャの植え付け準備.
越津ネギの苗は,ネギアブラムシにやられて中央部が枯れ,周辺の育ちのよかったものは薹立ちが目立つ.

ネギ苗
それでも薹立ちしていない苗だけで,なんとか一畝分確保.

越津ネギ
左の畝は3月に古株を切り戻して植え付けたもので,すでに分けつし始めたので,もうしばらくすれば薬味程度には利用できる.

これだけの作業で汗をかく初夏の陽気.

先週防獣ネットをかけておいたイチゴの畝では赤く色付いてきた実がちらほら.

イチゴ
イチゴを作り始めて4年目.
初めて防獣ネットを使ったが,今年は何粒口に入るかな?

この陽気で,山ウドも芽を次々と伸ばしてきた.

ウド
ミニ山菜園で勢力を広げるコゴミも一気に葉を伸ばし始めた.

コゴミ
今年は開花が遅れた桜も昨日の風雨で完全に葉桜となり,周りも菜園も緑が濃くなった.

いよいよ初夏.
心地良い季節だが,草や虫との闘いも待ったなし.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

初夏の耕事

今年の春は雨が多いと言っていたら,連休を前に連日晴れて,今日は夏日の予報.

苗屋にスイカの苗が入っていたので,4株購入して菜園に.

スイカ
今年も懲りずに大玉に挑戦.
今年こそ草に負けずに,甘いのが採れるかな?

ついで,食用菊の移植.
昨年の栽培場所から伸びて来た新芽を株分けして,第Ⅳ区画に植えつけ.
たくさん芽は伸びていたが,遅咲きの黄色と紫各8本と早咲きの紫6本で十分.

食用菊
これで,夏野菜の植え付け,種まきはほぼ終了.

すっかり倒れてしまったワケギを撤収し,

ワケギ
種球用に一部を保存.

ワケギの種球
たいして作っていないのに,毎年2/3以上残ってしまう.

後は斜面のブルーベリー周辺の草取り.

ブルーベリー
旧菜園から株分けした木がたくさんの花を着け始めたので,今年はこちらでも少しは収穫できそう.

最後はミニ山菜園のミョウガの手入れ.
いつの間にか草の中から芽を出していたので,周辺の草むしり.

ミョウガ
手前の平らなところに移植したものが,どんどん奥の斜面に向かって増えている.

まだ,4月というのにこの暑さ.
ミョウガならずとも,日陰が欲しい季節になってきた.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

オカヒジキとミニ山菜園

よく行く苗屋に夏野菜の苗が出始めた.
連休前には植えつけるつもりだが,その前に準備した場所や空き地の整地とスギナ取りに菜園に.

その前にオカヒジキの種まき.
昨年採種した自家種を駐車スペースの横に.

オカヒジキ種まき
その後,このところ目立ってきたスギナを掘っていると,見慣れない雑草が・・と思ったら,オカヒジキ.

オカヒジキ芽生え
そういえば,昨年はここで栽培して種ができるまで放置したので,こぼれ種から芽生えたようだ.

もともと海岸などに生えている野草なので,こぼれ種でできるなら我が菜園でも自生してもらったほうが,手間が省ける・・・ということで,ミニ山菜園の下端に移植.

オカヒジキ移植
ついでに山菜園の上からの全貌.
コゴミとふきはどんどん増えている.

ミニ山菜園
タラの木は,果樹を移植するため切ってしまい,残ったのは小さな3本.
今年は採るのをあきらめたが,またすぐ増えると思う・・たぶん.

150419tara
セリとミツバはスーパーで買った根っこを植えたものが定着して増えている・・・でも,水気が足りないのか日射しが強いのか,どちらもアクが強い.

セリ&ミツバ
アシタバはフキとコゴミに押され気味で,減ってきた気がする.

アシタバ
今春新加入の行者ニンニクは,一株つぼみを持ち上げていた(ピンぼけ).

行者ニンニク
種ができたら増やせるかな?

後はミョウガが芽生えてくれば我が山菜園のメンバー勢揃い.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

ミニ山菜園と果樹

今日は5月の陽気といわれた昨日ほどではないが,春の日射しを浴びながらの農作業.

まずは,ホームセンターで見かけて買った行者ニンニクとプルーンをミニ山菜園に植えつけ.
といっても,行者ニンニクはたった3株.

行者ニンニク
10日ほど前に旧菜園から移植した柿とユズの間の土を掘り,堆肥を入れてから植えつけ.
増えるかな?

植えつけ
プルーンの苗木は,手前にあったタラの木を2本切り,穴を掘ってから植えつけ.

ミニ山菜園
どちらも隣地との境界の斜面の下で,ちょっと掘り返しただけで竹の根がぞろぞろ.

邪魔者
斜面の竹は出てくるたびに切っているが,絶やすことはできそうにない.

最後は,昨年の冬,日当たりのよい斜面に移植したウドの株に土盛り.

ウドに土盛り
昨春までは旧菜園のウドを収穫したが,今年からはこちらのウドを食べるつもり.

この擁壁の下は冬場に日当たりの悪いミニ山菜園と違い,もっとも暖かい場所.
すでに例年より早くふきのとうを楽しんだし,ウドの芽も早く伸びてくれるのではないかと期待・・・待ち遠しい.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

春近し

今週は暖かい日が多かったが用事があり,今日は久しぶりの菜園.

先月25日に種を播いてからなかなか芽が出ず心配していたニンジンが,双葉を開いていた.

ニンジン発芽
そこで,畝の残りの半分にも種まき.

ニンジン種まき
隣のダイコンは第1陣が本葉4-5枚になってきたので,トンネルに穴を開けると,つい10日前に播いた第2陣がもう双葉を開いている.

ダイコン発芽
大きくなりすぎとっくに収穫をやめていた小松菜の第1陣は巨大化.

巨大小松菜
芯の部分を収穫.

小松菜
今年は小松菜第2陣を始めほとんどの葉物が,ハダニやヤサイゾウムシの被害に遭い早々と終わってしまったので,菜花を待たずに青物として収穫.
害虫が発生するより前に巨大化したためか,中心部もきれいでおいしそう.

日当たりのよい斜面にはふきのとうが.

ふきのとう
明日からは1日おきに雨が降る予報がでているが,一雨ごとに春が近づくだろう・・・と,思う.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

イチゴにアブラムシ

今日も少し動くと汗ばむ陽気.

菜園は春から初夏に向かいつつあり,イチゴが元気に花を着けている.

イチゴ
昨年よりは収穫できると期待していたが,昨日帰りがけに覗くとアブラムシが付いている株があることに気がついた.
クロヤマアリがたくさんうろつく4株は特にひどい.

アブラムシ アブラムシ
ナナホシテントウががんばって食べてくれているが,多勢に無勢.
アリがガードする集団までは手が出せないようだ.

ナナホシテントウ
自宅から持ってきた牛乳をスプレーし,しばらく様子を見ることに.

牛乳スプレー
ワタアブラムシのようだが,昨年も同じ時期に発生しているので,無農薬では無理なのかな?

今日の初物は,まずウド.

山ウド
春先に土を盛っていた中からやっと顔を出したので,さっそく収穫.

次はコゴミ.

コゴミ
ミニ山菜園に移植して丸2年経ち,あちこちから芽を伸ばしているので完全に定着したようだ.

今宵は山菜天で一杯かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

春の陽気

今日は4月の陽気ということで,一段と暖かい.

擁壁沿いの斜面の整地も今日が最後.
ウドとブルーベリーの移植のために整地をしたのだが,冬場の耕事は少ないのでつい隣へ隣へと進めてきた.

整地
一番手前は野菜くずを埋める場所と花壇にして,その奥はシソやカキナを半自生させるつもり.

一番奥のウドの隣は昨年フキを移植したばかりなので整地しなかったが,見回るとふきのとうが5個.

ふきのとう
小さいけれど,天ぷらにすれば,十分春の晩酌のお伴になる.

隣のミニ山菜園ではアシタバも新芽を伸ばし始めた.

あしたば
もうすぐ食べられるかな?

冬中よく食べたチンゲンサイも菜の花を持ち上げてきた.

チンゲンサイ
おいしそうなので,伸びた花芽をミニチンゲンサイとして収穫.

チンゲンサイ
明日から天気はぐずつくようだが,もう3月.
菜の花の咲き乱れる季節も近い.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

ウドの移植

昨日から日中は上着不要の暖かさ.
3月から4月の陽気と聞けば,せっかちの虫もうずくというもの.
3月になってからやるつもりだったウドを移植することに.

旧菜園には3株のウドが半野生状態で植えてある.

ウド
移植するのはそのうち一番小さな中央の株.

ウド
この時期にはウドの大木の面影もないが,根はさすがに太くて深い.
とても丸ごと掘りあげられないので,シャベルで根を切りながらの掘り起こし作業.

ウドの根
二つに割って掘り出した株には,すでに大きな芽が着いて春を待っている.

ウドの芽
残した二株は伸びてくる芽を軟白化するため土をかぶせて山を作り(写真撮り忘れ),掘った株を新菜園に.

擁壁下に準備しておいた場所に牛糞堆肥を入れ,植え付け.

ウドの植え付け
今年は食べずに株を大きくするので,土盛りはせず軽く土をかぶせて完了.
このまま山に生えるウドのように自然栽培・・・というより単なる手抜き栽培.

帰路,農家の知人のところに寄り,頼んでおいたジャガイモの種芋を受け取る.
男爵 5 kgで1,270円也.

男爵種芋
いよいよ春の耕事本番.
来週には,植え付ける予定.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

草取り・・と,

明日からまた5日ほど出かけるので,気になる場所の草取りに菜園へ.

着くと近くの畑の方からキャベツ苗と黄花の食用菊をもらったので,まずはこちらから.

春から夏のアブラナ科は虫にぼろぼろにされるので,夏には作らないことにしているのだが,来るものは拒まず,できたらもうけもの・・といったところ.

キャベツ苗
新菜園の春キャベツの横に10株植え付けて,隣の春キャベツの寒冷紗トンネルを移動.
春キャベツ1個は収穫し,残り2個はお裾分け用に明日の出がけに収穫してしまうつもり.

キャベツ植え付け
トンネルの中はスギナだらけ.よそのブログで立派なスギナを見たが,負けていない.

食用菊は旧菜園に.
もうすぐ種を取ったら抜いてしまう越津ネギの両脇に,計12本.
ネギにはネギアブラムシがびっしりついているが,ユリ科以外は加害しないはずなので,大丈夫だろう.

食用菊
これで,ピンク(もって菊)と黄色の2色が秋に楽しめる.

泥縄の植え付けが終わって,やっと目的の草取り.
まずはショウガの畝とその隣のインゲン第2陣の予定地.

草取り前
生姜の芽はまだ出ていないので,中耕はせず目立つ草,特にスギナを抜いて・・・隣の畝は鍬で耕す.

草取り後
次は,緑一色のミニ山菜園.
山菜なんて草に埋もれているぐらいでよいのだが,手鎌で草刈り.

ミニ山菜園
なんとか栽培野草が現れた.

草刈り後
左手前がセリ:春先に収穫したらアクが強かった・・水気が足りないか,日当たりがよすぎるか.
その奥がミョウガ:本来は日本の野草ではなく栽培品種らしいが,一応ここで自生してもらっている.
左手斜面はタラの木とふき,奥にはコゴミ(クサソテツ),アシタバ,ミツバ.
中央が空いているので,下の人の畑の斜面に出ているワラビが進出してこないかと期待しているのだが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

ミニ山菜園

今日は北風が強く寒い.
いつまでこの寒暖の差の激しい春が続くのか?

こんな日にこそ力仕事をすればよいのに,夏野菜用の畑の準備も終わってしまったので,今日はミニ山菜園の手入れ.

アシタバやコゴミを刈り取らないように,手と小さな草刈り鎌で草取り.

アシタバとコゴミ
絶えたと思っていたミツバも健在.

ミツバ
種をこぼしてどんどん広がって欲しい.

不用意に抜こうとして痛い目に遭うのは,タラの木.

タラの芽生え
昨年芽生えたタラの木は一年でタラの芽をご馳走してくれたので(3月24日),もう10本ぐらい殖えてもいいだろう.

昨年移植したミョウガも,たくさん芽を出している.
これなら今年は収穫できそうだということで,芽を傷つけないよう,一段とていねいに除草.

ミョウガ
手前はセリで,これもうまく根付いてくれた.

ミニ山菜園
今日の初物は,セリとふき.

今日の収穫
これで今日の耕事は終了の予定だったが,自宅に戻った午後,頼んでおいた堆肥をこれから運ぶという連絡があり,また菜園に.

堆肥搬入
積み直してシートをかけ,はみ出た堆肥をミニ山菜園に運んでばらまき終了.
おかげでよい汗をかいた.

セリとふきをお伴の晩酌が待っている.

| | コメント (4) | トラックバック (0)